年齢と顔の悩み

HOME >>  顔の悩みについて > しわ対策と化粧品

しわ対策と化粧品

30歳あたりから、しわが気になり始める人が増えてきます。紫外線や乾燥、適切でないスキンケアなどによるダメージや、加齢による衰えが原因として挙げられます。

ダメージを受けると、角質層がはがれやすくなったり、うるおい成分が逃げてしまうため、お肌の表面にしわが表れます。乾燥からくる表面的なしわであれば、外側から水分を補給することで改善される場合も多くあります。ダメージが強くて角質の奥にあるエラスチンやコラーゲンなどのうるおい成分が破壊されてしまうと、しわを通り越してたるみとなってきます。

大きなしわやたるみに良いとされる、いわゆるリフトアップ化粧品も数多く市販されています。

お肌にハリと弾力を与えるリフトアップ化粧品には、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンが含まれているものが多いです。これ以外にも、お肌のバリア機能を高めたり、新陳代謝を促すためにビタミンA、ビタミンE、レチノール、ローヤルゼリーエキスといった成分を配合している商品も。
次々と新しい成分が配合された商品が発売されるため、いったい何を買えばいいか目移りしてしまうと思います。リフトアップ商品に限らず、化粧品を選ぶ時には自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。

例えば、乾燥肌の人がひきしめ効果の高いスキンケア商品を使い続けると、敏感肌になる場合があります。商品を選ぶ時は、リフトアップ効果だけに注目するのではなく、保湿効果もきちんとあるかどうかとか、敏感肌でも使えるかどうかもチェックしましょう。
また、リフトアップの化粧品を使うタイミングによっても選び方を変えてください。朝のメイク前に使う場合は、使用感がさっぱりしたタイプが良いでしょうし、夜寝る前にしっかりお手入れしたい場合は、マッサージしながら使うクリームタイプがオススメ。

しわやたるみの解消に、自分に合った化粧品を使いましょう。