年齢と顔の悩み

HOME >>  顔の悩みについて > たるみの原因と対処法

たるみの原因と対処法

たるみがある肌は老けた印象を与えます。歳をとるとたるみができると悩んでいる方は少なくありませんが、正しいケアをすれば加齢に伴うたるみを防ぐことができます。たるみにはいくつか原因があります。
肌の真皮には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが存在していて、これらが適切な構造を保つことで肌の弾力が保たれています。この構造が崩れると弾力が低下してたるみになります。紫外線は真皮にまで到達して、コラーゲンやエラスチンを変性させ弾力を低下させます。

生活習慣も関係しています。コラーゲンなどはタンパク質をもとに作られるので、食生活が乱れるとコラーゲンの生成量が減少して弾力低下につながります。美肌は夜に作られるというように寝ている間に肌の生成や修復が行われています。睡眠時間が不足すると肌の修復などがしっかり行われません。
赤ちゃんの肌がピンと張ってぷるぷるなのは、ヒアルロン酸がたっぷりと含まれているからです。加齢に伴ってヒアルロン酸の量が減少し、赤ちゃんの肌の半分程度になります。

顔には表情筋と深層筋があり、筋肉の上にのっている皮膚を支えています。筋力が低下すると支えきれず重力に負けて皮膚がたるみます。固いものを食べない、話すことが少ない、表情に乏しい方は注意が必要です。

たるみの原因はさまざまです。何が原因なのか見極めて対処しましょう。

紫外線は1年中地上に届いています。夏場は日焼け止めを塗って日傘をさしてしっかり紫外線対策をしますが、冬は怠りがちです。冬も日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をしましょう。アミノ酸、ビタミンC、鉄分を一緒に摂るとコラーゲンの生成が促されます。バランスのよい食事を心がけることで肌の弾力が回復します。

細胞は寝ている間に作られるので少なくとも7時間は睡眠をとりましょう。