年齢と顔の悩み

HOME >>  顔の悩みについて > 目元の小ジワを防ぐケア方法

目元の小ジワを防ぐケア方法

歳をとると目の周りの小ジワが気になりだしはじめませんか。シワには小ジワと大ジワの2種類があります。小ジワは主に乾燥や紫外線が原因でできます。保湿や紫外線対策をすれば消えます。大ジワは皮膚表面の細かな溝が年齢とともに深くなったもので、一度できると治りにくいです。小ジワを放置ていると大ジワに発展する可能性があるので、早めの対処が必要です。

目元のシワの70%は紫外線が原因といわれてまいます。紫外線対策をしっかりすれば、小ジワができにくくなります。

夏場、紫外線量が多いので紫外線対策をしっかりする方が多くいますが、それ以外の季節は怠りがちです。紫外線は1年中降り注いでいて、曇りの日でも晴れの日の70%の紫外線が地上に届いています。日差しが弱くても紫外線対策が必要です。紫外線が強くなるのは5月頃です。まだまだ夏には遠いからと安心はできないのです。
日焼け止めを塗っても使用量が少ないと紫外線カット効果は望めません。使用目安量はクリームはパール2粒分、ローションは1円玉2枚分です。たっぷりつけると白浮しそうですが、これくらいつけないと効果を発揮しません。白浮が気になるようなら成分をナノ化したものがおすすめです。こまめな塗り直しもしましょう。

目元の皮膚は非常に薄くてガーゼほどの厚さしかなく、乾燥しやすい部位です。顔の他の部分よりも念入りに保湿する必要があります。乾燥しやすいため、化粧水での保湿では十分ではありません。保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液でケアします。美容液は高濃度で美容成分が配合されているので、高い保湿力が期待できます。

マッサージしてつけると効果が高まりそうですが、摩擦が生まれてシワになるので優しくつけてください。